不動産投資の知識 物件・セミナー・不動産投資信託

不動産投資信託(REIT)について説明しています

不動産投資信託

「不動産投資ファンド」と重複する内容もありますが、ここでは改めて、不動産投資信託について述べたいと思います。不動産投資信託は、1960年にアメリカで誕生したもので、REIT(リート)と呼ばれています。

日本でもこれに倣い、日本版REIT、J−REITなどと呼ばれていますが、通常はREITといえば日本の不動産投資信託を意味します。不動産投資信託には、会社型と契約型がありますが、それらは投資信託の仕組みによって違いがあります。

会社型不動産投資信託は、投資法人が投資口を発行して投資家から資金を集める方法で、株式会社のしくみに似ています。一方、契約型不動産投資信託は、信託銀行の信託勘定を利用した投資方法です。

不動産投資信託は、公募により投資家から投資口を集め証券取引所に上場します。そうすることにより、実物不動産取引のほか、これまでにはなかった高い流動性を備えた不動産取引が可能になります。

不動産投資信託に必要な投資口の購入や売却は、証券会社を通じて証券取引所に買い注文や売り注文を出しますが、これは上場企業の株式売買と同じです。ちなみに、2001年3月に不動産投資信託市場が東京証券取引所のなかに開設され、その後、他地域でも市場開設が検討されています。


Copyright 2008-2013 不動産投資の知識 物件・セミナー・不動産投資信託 All Rights Reserved.