少額から始める不動産投資-不動産投資の資金

不動産投資の知識 物件・セミナー・不動産投資信託

少ない資金でも始められる「小口化不動産投資」について説明しています。

不動産投資-コラム-不動産投資の資金

少額から始める不動産投資

不動産投資というと、不動産を購入し、価格が上がったところで売却するキャピタルゲインや、戸建てやマンションを賃貸して、家賃収入を得るインカムゲインが思い浮かびます。どちらも、まずは、不動産が無ければ始まらないように思えますが、不動産投資は、不動産が無くても始めることが出来る方法があります。


手軽なのは、「証券化投資」でしょう。銀行などで「不動産投資信託」という商品を、見かけたことがあるかもしれません。不動産の運用を行なう法人から証券を購入し、配当を期待するものです。現物の不動産の運用に煩わされることが無く、投資したい額の証券を購入すればよいので、比較的少額から始めることができるでしょう。注意したいのは、基本的に配当金に対する保証が無く、また、元本の保証も無い商品が多いことです。


現物不動産投資をしたいけれど、まとまった額を用意するのは難しいと言う方には、「小口化不動産投資」があります。ひとつの不動産を、何人もの投資家で共同して運用して、利益を分配しようというものです。例えば、何億円といったマンションやビルなどの共有持分権が、千口売り出され、そのうちの十口を購入するといった方法で、不動産投資を始めることができます。


一度にまとまった額を不動産に投資できる方は、キャピタルゲインや土地の購入、建物の建築などをし、家賃収入を得るという投資が可能でしょう。また、土地を既に所有している方も、それを効率よく運用することで、大きな利益をあげていくことができるかもしれません。しかし、まとまった資金が無くても、不動産投資を始めることは可能です。

スポンサードリンク

Copyright 2008-2013 不動産投資の知識 物件・セミナー・不動産投資信託 All Rights Reserved.