不動産投資の知識 物件・セミナー・不動産投資信託

不動産投資の際に重要になるのが投資対象になる不動産物件です。人気物件、中古物件、新築物件などについて説明しています

不動産投資物件

預貯金利率が極端に低い時代にあって、預貯金よりも高い利率の収益が期待できる不動産投資には根強い人気があります。しかし、不動産投資をするためには専門知識が不可欠な上、リスクを伴うものであることを念頭におくことが大切です。

不動産投資をする場合、その対象となる物件の選択が重要になってきますが、人気物件のひとつに新築ワンルームマンションがあります。これは、中古物件と比べると利回りが低いようにも思えますが、新築物件ならではの利点があります。

たとえば、対象物件を自分の目で確認することができ、大きな安心につながります。また、購入時には提携ローンがあり、少ない自己資金でも投資を始めることが可能です。さらに、物件の管理業務は住宅販売会社が代理で行うことが多いのも強みです。

不動産投資のリスクは、空室ができて予定の収入が得られなくなることです。最近では、インターネットで検索して自分の必要条件に応じた物件を選ぶ人が増えています。

入居者が望む物件の条件は、室内の設備や立地条件があげられます。毎日の生活を営むうえで、使い勝手や最寄り駅からの距離などは度外視できない条件です。不動産投資物件を選ぶときは、入居者のニーズを知っておくことが大切です。


Copyright 2008-2013 不動産投資の知識 物件・セミナー・不動産投資信託 All Rights Reserved.